top of page
検索
  • 執筆者の写真inc Unbreakable

ルールや常識は守るべきなのか?!

今日は僕のプロフィールをこのブログに置いておく為の

「TACTって何者?」って人向けの記事の第二弾になります。



第一弾はこちら

⇨ https://www.unbreakable-llc-tact.com/post/tactのプロフィール



いよいよここからは学生というフェーズを抜け出して社会人編。

ちゃんとした社会人として働けていたのか?なんて部分や

会社に勤めながら起業を志したキッカケはどんなことだったのか?

こういうところも全部ぶっちゃけて行こうと思う。



高校を卒業してすぐに就職したことで完全に社会を舐めきったク○ガキが

まずぶち当たったのが

「社会の常識とルール」

これはメチャメチャ自分の中で色んな葛藤があったし

よくよく考えてみれば

学生時代も学校のルールも守れなかったような自分に

日本の高度経済成長期に諸先輩がたが築き上げた

ガッチガッチの常識やルールを守るといういわゆる「規律」というやつが

めちゃめちゃヘビーであり、大変だった。

うん。(笑)

昔から人と同じであることが嫌で嫌で仕方ない性分なので

同じ枠組みにハマるってのが

気持ち悪くて仕方がない!!!ひっーーーーー!!!

って感じで生きてたので

入社してからの研修で自衛隊に3泊くらいで修行という名の

体験入隊訓練みたいなのがあったり入社してから半年間は強制的に寮生活

だったりで苦手な

◎早起き

◎規則正しく

◎規律を守る

というガチガチの常識を目の当たりにしたときは卒倒しそうでした。ガチで。


そんな経験を経て

ちゃんとした社会人になれたんだけど

ここで着目しておきたいのは

環境って死ぬほど人に影響を与えるってところ。

恐らく体験訓練や半年間の寮生活がなかったりしたら

社会人として全然成長せずにいわゆるク○ガキのままで

社会人生活を歩んでいたと思う。(笑)


本当に会社ってすごくてそこにちゃんとコストをかけてくれて

ちゃんと働くかもわからない若造を立派な社会人に育てたりしていて

自分で会社を経営したり、何十人という単位でチームを持って仕事をするようになって

あれってマジですごいことだよなーってしみじみ感じている。


そういう側面からもいま運営しているスクールでは

日本の社会で生きてきたけどこれからレベルアップ、ステップアップして

自由なクリエイターになろう!と思う人の為のイ・ロ・ハを用意しているし

環境としても成長にコミットするようにチームメンバーで常に問題と向き合っている。


このブログを見た人で動画編集から始めて

副業⇨起業⇨月収100万以上

を目指したい人がいたら

自分にとって「最高の環境」を選ぶようにしてほしい。


〈会社員としての自分の中での寿命〉

入社してから3年は本当にメチャメチャ頑張っていたし

いま思い返してもほんとに仕事を楽しんでたなーと◎

入社した時に

「仕事を覚えるまでまず10年かかるよ(技術職だから)」なんて言われてたんだけど

「いや、3年でやります。」とか言ってビックマウスを発揮しちゃったりして

先輩たちに色々お世話になって仕事を覚えていた。

結構生意気なこともしたし、迷惑もかけたが先輩たちは本当に優しかったなと

いまでも感謝である。


結果的に高卒で就職した会社は8年勤めて上京を期に退職。

退職まで自分としてはかなり我慢したりしてたなーって

思うんですが、恐らく5年目で自分の中で「寿命」は終わっていた。

仕事を頑張るモチベーションは「好きなことをやるため(音楽)」だったし

いまさら転職して新しい仕事を覚えるのも

自分の中では効率が悪いなーという思いもあって

ダラダラと働いてしまっていた5年目から8年目までの3年間だった。


寿命を迎えた仕事に対して

新しい可能性が生まれたり、新しい挑戦が始まることは

実体験として「不可能」に近い。


もしいま入社5年目のタクト状態の人が居たら

今すぐに自分のやりがいや楽しい!と思える仕事を探すために

一歩踏み出してほしい。

5〜8年目までの3年間をいまでも

もっと早くアクションしてたらなー!と思ったりする。

基本的に後悔はしないタイプだけど

大きな失敗の一つではあるから


自分の人生の自由とやりがい、可能性を追い求めてほしいと

心から願っています。(なに目線やねん。(笑))








〈社会人8年目の自分の中で生まれた一つの疑問〉

働き方を真剣に考えるようになったのは退職を意識し始めた頃。

会社に雇ってもらって働くことに関して自分の中で

「不自由さ」を感じ始めていた。

頑張って働こう!と思ってみても

なんでこの仕事をやるんだ?

誰のために?

この仕事の先になにがあるんだ?

と考えてしまって結局また振り出しに戻った。

正直辛かった。

仕事を好きで頑張った時期があるからこそ辛いんだろうな。と

いまでは思う。

結局働く理由が「お金を毎月給料日に振り込んでもらう為」だと気づいてから

退職の相談を上司にするまでは早かった。

自分の中で何かがぶっ壊れて

自分の中で新しい常識がこの時から生まれた。

「自分で稼げるようになれ!」

これが3年悩んで出た答えだ。

でも、自分で稼ぐってなに?どうすればいいの?

田舎でも出来るのか?お店を出せばいいのか?

助成金なんかで出来るものなんだろうか?

そんなことを色々と調べていたら

一つの答えに辿り着いた。


「稼いでる人、すごい人がいる環境にいこう!成功している人はみんな東京にいる!」

まさに安直、安直うううううう!!

(jojo好きなら分かるであろうDIO様の貧弱、貧弱ううううう!である。(笑))

でも、僕はこういう判断は間違わないんですよねー。(謎の自信)


そう気付いてからは上京まで一気に駆け抜けた

最初は転職で東京での生活の足掛かりを作って、

アパレル店員として6ヶ月働いて

その後、脱サラ!起業!!!


起業する前はもちろん副業をやっていたが

副業はインターネットの物販をアパレル就職後4ヶ月目にスタートして

初月で10万を稼いで、そこから10万を稼ぎたい人向けに

物販を教えたり、一緒に仕事をしたりしてチームで動いたりが中心になっていき

色々と失敗はあったが起業2ヶ月目には収入は100万を超えていた。


この辺の副業時代の話なんかはまた別の記事に詳しく書きます◎

(この頃日本初上陸のウーバーイーツのドライバーもやっていた。(笑))



こうして北海道の田舎にいた普通のサラリーマンは

環境を大きく変えることで

東京で自由なクリエイターとして、1人の経営者として

楽しく毎日仕事しています(^^)


僕は時に

常識を疑い、自分を誰よりも信じ、新しい環境に飛び込む

そういったタイミングが人生にはあると思います。


いま仕事のモチベーションが分からず

なんとなーく働き、大切な人生がなんとなく過ぎているとしたら

それは3年後に大きな後悔に変わる可能性があるので

自分のために一歩踏み出し、楽しくやりがいを持ってできる仕事を見つけていきましょう🔥



==========================================================


人に磨かれ、そして輝き、強い信念をもった素敵な環境や存在になっていく

そんなダイヤの原石のようないまのスクールの生徒やパートナーたちと一緒に

楽しく、大きく成長していく🔥


クリエイターズビジネススクールUNBRでは


◎動画編集を副業にして安定的に月5〜10万を稼ぎたい

副業から起業を目指している

自由にクリエイティブな仕事がしたい

◎いまの働き方に満足できていない

楽しく仕事できる仲間が欲しい

将来のために自分で稼げるようになりたい

月100万以上の収入を得ていきたい


そういった人の為のカリキュラムが組まれています。


⏬クリエイターズビジネススクールUNBRへ入会希望の方はこちら













TACTのリアルな考えスクールの様子撮影風景が見れる!
 ⏬Official YouTubeはこちら⏬













==========================================================











閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page